【にじさんじArk】AllexceedFamilia 「サマータイムレコード」のエモいところを語る。【AXF】

にじArkのAllexceed Familiaによるサマータイムレコードの記事アイキャッチ

今から約半年前、4月 にじさんじライバーによる「Ark」の大きな戦争が勃発しました。

そこには数多くのドラマが生まれ、そして散っていきました。

(僕はAllexceed Familiaの、特に葛葉さんの配信を追っていました。)

 

リアルタイムでその様を見ていたファンの心は、彼らと共にアツくなっていきました。

そして終結と共に終わり、その心はポッカリと穴が開いてしまった。

そんな感覚だったと思います。

 

Allexceed Familiaのメンバーは濃密な時間を共に過ごしたことで距離感が縮まり、それはまるで「青春」のひと時を見ているかのようでした。

それだけにファンの中では戦争、ひいてはこのトライブの「繋がり」が終わってしまうことを嘆かれていました。

 

たくさんのコメント、ツイートがありましたが、

終わりは必ずやってくるもの。

それはどうしようもありませんでした。

 

浸っていた余韻から抜け出し、またそれぞれの配信を見るようになり、Ark以前に戻ったような感覚。

けれどたまにトライブメンバーが鉢合わせると、思い出したり。

そのたびに「またいつか…」という淡い期待がありました。

 

そんなこんなで期待を抱きつつも、もう流石に無いかなと思っていた8月の終わり。

突然にあの青春の記憶に戻されました。

そうさせたのは、突然ラトナ・プティのチャンネルに投稿された1本の動画

「サマータイムレコード」

夏が込められたような歌ですよね。

 

にじArkは、Allexceed Familiaはまさしく夏、青春と呼べるそれでした。

あの時の記録が8月の終わり、本当に夏の終わりに投稿されたというわけですね。

 

今回はそんなAlleXceed Familiaから投稿された「サマータイムレコード」のエモい所を全て紹介していきたいと思います。

その前に読んでおいてほしいこと

「エモい」

 

この言葉は非常に使い勝手が良いです。

どうにも言葉に出来ない感情、言葉にしてしまっては少しチープになってしまう何か、そんな諸々をこの言葉は簡潔に表しています。

だからこそ本当はこんな記事は作らない方が良いのかもしれません。

文字にしてしまってはその価値が薄れてしまうかもしれないから。

 

でも僕は作りたい。

そう思わされてしまいました。だから作りました。

 

ただし見たくない方は絶対に見ないように。

僕はAlleXceed Familiaが好きな人達に嫌な思いをさせたいんじゃなく、できる限り100%に近い楽しみ方をしてほしい。

そんな想いで書いています。

 

また、この記事の内容はしっかりとArk戦争を追っていないと、分からないかもしれません。

時間はかかりますが、アーカイブを見てから今回の歌ってみたを聞くのが今できる最高の楽しみ方です。

たくさんのライバーのアーカイブを見れば見るほど、最高に近づくと思います。

 

ちなみに今回のこの記事のアイキャッチ画像(⇩)の「感動」のフォントは「こころ明朝体」というやつ。

にじArkのAllexceed Familiaによるサマータイムレコードの記事アイキャッチ

これ、エモくないですか?

 

 

いずよし
いずよし

それでは本編、はじまります。

 

投稿前の予告からエモい

 

この動画よ。

 

唐突にタイムラインに現れて、もうホントに驚きました。

あのAXFが!しかも「サマレコ」!!

 

AXFとサマータイムレコードの歌詞が一致することは、結構話題になっていました。

当時、にじArkのたくさんの切り抜きや、ファン作品が投稿された中の1つにサマータイムレコードを使ったものがあって「めっちゃ良い!」とファンの間で人気になったものです。

正直、絶対にエモいだろうなぁと確信してました。

 

動画の中身もエモい

もちろん内容のエモポイントも解説していきます!

 

「サマータイムレコード」の歌詞とAXFの活動が奇跡と言えるほどにピッタリなんですよね。

その解釈とか、ここもエモいなぁって思ったところを書いています。

 

さらに、この動画はそれだけでなく映像も素晴らしいです。

そちらの方の解釈も書いてみました。

 

これを見て新たな気づきがあったら幸いです。

もし、ここに書かれてないけど、他にもエモポイントがあったら僕のTwitterにリプでもくれたら、ありがたいです。

 

歌詞やパート分けとAXFのマッチしてる所

ラトナ・プティ
ラトナ・プティ

昨日も今日も晴天で 入道雲を見ていた
怠いくらいの快晴だ 徐に目を閉じて

始まりはお頭のラトナ・プティ

彼女が葛葉を誘わなければAXFは生まれなかったことでしょう。

 

AXFでの戦争の日々はまるで

そう考えると「怠いくらいの快晴」はAXF解散後の日々を表しているのでしょうか

「徐に目を閉じた」は思い出を振り返っているんじゃないでしょうか

AXFで活動していたあの時を思い出すところからこの歌は始まります。

 

葛葉
葛葉

「それ」はどうも簡単に 思い出せやしない様で
年を取った現状に 浸ってたんだよ

そういえば葛葉はArk頂上決定戦の次の世界「ラグナロク」ではAXFの記憶は封印されたかのようにしていましたね。

 

また、葛葉は吸血鬼。

長寿な彼が「年をとった現状に浸る」ということは相当時が経っているのかも。

AXFでの日々はそんな時に出てくる思い出という解釈、どうです?

 

2人がそれぞれAXFの思い出を振り返る感じがする始まりでエモいです。

 

 

不破湊
不破湊

大人ぶった作戦で 不思議な合図立てて

「行こうか、今日も戦争だ」 立ち向かって 手を取った

葛葉が誘った初めてのファミリー、ふわっち。

 

AXFは最初のころ、他の2陣営に比べて全然力が足りませんでした。

他2陣営から見たら子供のような感じ、それでも追いつこうとしている様はまさに「大人ぶっていた」のではないでしょうか。

 

そしてAXF特有の「アレクシードファミリー↓アー↑」という掛け声

「行こうか、今日も戦争だ」と戦争のために毎日朝から晩まで作業を続けました。

 

 

三枝明那
三枝明那

理不尽なんて当然で 独りぼっち 強いられて

迷った僕は 憂鬱になりそうになってさ

弱者は強者に喰われる。そんな理不尽が当然の世界。

そんな世界にずっと1人だったアッキーナにふわっち。

 

「みんなでやるArkってこんな楽しいんだ」と言っていたのが懐かしいですね。

 

不破湊
不破湊

背高草を分けて 滲む太陽睨んで

三枝明那
三枝明那

君はさ、こう言ったんだ

 

葛葉
葛葉

「孤独だったら、おいでよ」

1人でいるふわっちとアッキーナに手を差し伸べる葛葉。

まさにAXF。

 

 

アルス・アルマル
アルス・アルマル

騒がしさがノックして 生まれた 感情さえも

男の子3人組に脅されるような形でAXFへ加入したアルス。

すぐにはしゃぐ3人に「うるせぇ!」と叫んでいたのが印象的です。

そんなアルスが「騒がしさがノックして生まれた感情」と歌ってます。

天宮こころ
天宮こころ

頭に浮かんでは萎んだ 「幻なのかな?」

普段歌わないあまみゃのソロ。

あまみゃのファンであればあるほど感動したんじゃないでしょうか。

AXFでなら歌っても良い、そう思ったのかもしれません。

 

そして「幻なのかな」の少し儚げな歌い方が絶妙です。

 

 

血の誓い組
血の誓い組

秘密基地に集まって 「楽しいね」って単純な あの頃を思い出して 話をしよう

 

チュの誓い組
チュの誓い組

飛行機雲飛んで行って 「眩しいね」って泣いていた 君はどんな顔だっけ

サビは4人ずつで歌っています。

4人の分け方は「血の誓い」と「チュの誓い

この分け方エモいなぁ

 

血の誓い組が歌ってるところは特にAXFに重なります。

AXFの拠点に集まって、ひたすらに作業。

その作業の原動力はやっぱり「楽しい」だったんじゃないでしょうか。

 

AXF解散後、それぞれの配信でもちょくちょくAXFの思い出話をしていました。

 

ラトナ・プティ
ラトナ・プティ

なぜだろう、思い出せないな

 

2番

桜凛月
桜凛月

痛いくらいに現実は 足早に駆け抜けた

選んだ今日は平凡で 崩れそうになる日々さ

ルイス・キャミー
ルイス・キャミー

昨日の今日も延長戦 大人だって 臆病だ

今になってなんとなく 気付けたみたいだよ

AXFでめっちゃArkしてた時間はあっという間でした。

 

 

アルス・アルマル
アルス・アルマル

廻るセカイのイデア 枯れる太陽 炎天下

陽炎が揺らいだ 「忘れないで、さぁ、進もう」

 

天宮こころ
天宮こころ

もどかしさに何度でも 明日を夢に見ていた

戻らない、先のある世界へ 「僕たちで変えよう」

お世話になった夜見の元を抜け、AXFに加入することを決意した天宮。

そんな彼女が「戻らない、先のある世界へ」「僕たちで変えよう」と歌うのは感慨深いです。

 

 

葛葉
葛葉

思い出して、終わったって。

ラトナ・プティ
ラトナ・プティ

秘密基地も、冒険も

「秘密基地」に「冒険」まさにArk

 そんなArkも終わってしまいましたね

不破&三枝
不破&三枝

あの日に迷い込んだ話の事も

 

アルス&天宮
アルス&天宮

独りぼっちが集まった 子供たちの作戦が

 

桜&ルイス
桜&ルイス

また今日も廻り出した

 AXFのファミリーが段々と増えていったのが懐かしい。

その加入順にパート分けしてあるのはエモいですねぇ

 

葛葉
葛葉

「また、何処かで。」

AXF解散の宣言の時に葛葉が言ったことと似てます。

それに、AXFが解散してから「また、何処かで。」はエモい

 

AXF
AXF

「涼しいね」って言い合った 夏空は透明だ

泣かない様に、吸い込んで 「さようなら」しよう

AXFのみんなが「さよなら」したくなかった。

でもみんな「さよなら」しなきゃいけないことも分かってた。

そしてAXFの最後は涙じゃなく、笑顔で。

AXF
AXF

密基地に集まって 笑い合った夏の日に また何処かで思い出して

AXFの楽しかった日々は忘れられない思い出。

 

ラトナ・プティ
ラトナ・プティ

「出逢えるかな」って 何度でも

AXFの頭で1番最初に頂点を目指したプティ。

自分から人を誘うことをあまりしない彼女が「出逢えるかな」と歌ってるんですね

 

AXF
AXF

描こう

最後は全員で。

 

映像が魅せるAXFのエモーショナル

 

 

 

投稿後のファミリーがエモい

ラトナ・プティ

流石はAXFの頭ですね。

 

不破湊

ちょっと恥ずかしいことも素直に言っちゃう。

ホストなのに子供っぽいのが良き。

 

 

 

三枝明那

ちょっとふざけちゃう感じが、卒業式終わった後の中学生男子みたいで好き。

 

とか言いつつ結局最後は本音を言うのがアッキーナって感じです。

 

アルス・アルマル

第一次Ark戦争の時もそうだったけど、何故か男の子の中に入っちゃうから影響されちゃってるみたいで良い。

元々ボクっ子だし。

 

 

雨宮こころ

この歌企画を本格的に進めた今回の中心人物としてのツイート

いつもはフワフワなあまみゃがしっかりしてるのは感慨深いものがあります。

でも最後の絵文字かわいい

 

ルイス・キャミ―

純粋な感じでArkを楽しんでたんだろうなってのが伝わってくる。

 

ルイスの素材集めとかの作業量はエグかったですね。

きっと想いはたくさんあるでしょう。

笑顔に涙を添えながらこう言ってると想像したらまるで映画のワンシーンですね。

桜凛月

りつきん城はめっちゃ頑張って建てたもの。

それを戦争でボコボコにされるのを覚悟して拠点にすると決めてカッコよかった。

きっとルイス同様想いが詰まってたけど「AXF!」という短いツイートにしたのはりつきんらしいというか…

 

葛葉

 

あんまこういう時に感想とかをTwitterで言わないAXFのボス。

長々とした文章はいらない。

 

 

制作秘話 あの日に迷い込んだ話がエモい

 

この作品を作ることになったきっかけはやっぱりファン作品だったそうです。

話題になってたあの作品は元はTwitterに上がっていたもので、それを見たあまみゃが「これは良い!」

となって作りたいと思ったそうです。

そう思ってAXFのメンバーに声をかけたのはなんと解散の翌日だったんだとか。

解散と言った裏で実はまだ「繋がり」は切れていなかったんですね。

 

あまみゃは今まで歌枠をとったこともなければ、歌ってみたもあげていません。

理由は「察してください」という他ありません。

そんなあまみゃが自ら歌の企画を進めた。

これがエモーショナル

 

解散直後ならイケる!

と考えたそう。

実際みんな「やりたい!!」と言ってたらしい

 

普段はあんまり歌いたくないメンバーもいた(特に女性陣は当時まだ歌動画を誰も出してなかった)

苦手なことでも「AXFなら良いかな」って思えるような関係性になってたんですね。

 

サマータイムレコードを歌うと決まってまず最初はあっきーなに相談したそうです。

Raindropsなどで歌が詳しいイメージがあったからです。

 

歌詞分けや音域の調整から始まります

男はオクターブ下で、女子は原曲そのままのキーで行くことに。

そして歌詞分けに入ります。

歌詞分けでは最初から明那とあまみゃがほとんど一致してたらしいです

 

葛葉三枝不破アルス⇒血の誓い

他⇒チュの誓い

 

「思い出して終わったって~」ここエモい!!

 

男わちゃわちゃ⇒アルス「騒がしさがノックして生まれた感情さえも」

制作側の意図しないエモーション、こういう動画はリスナーがエモを増幅させる。

 

制作陣にArk戦争を追った方が!

動画師さんも絵師さんも、絵師さんはファンアート書いてくれた方から選んだ!

 

メンバー誰にも言ってないんだけどー

ボーカル音源の締め切りを1カ月半ほどサバ読みw

(1カ月半前に提出期限を言ってたw)

 

進捗状況も細かく報告

終わってからも絡みがあったってことか

 

戦争終結後のラグナロク配信中にサマレコのことを言っちゃいそうになったりw

ファンを驚かせたかった。

ありがてぇ

 

みんなの手書き「サマータイムレコード」

スクショ、エモ

 

プティ「一番頑張った。もうこんな頑張ることないかも、」

 

立ち絵

イラスト:はざのさん 見てくれてた

本の装丁で忙しいのに引き受けてくれた。

 

はざのさんの書いてくれたファンアートに赤いポイントの小物

 

そんな感じでみんなでお揃いが欲しい。

提案で「赤い紐」

「繋がり」を意識。

血の誓いもチュの誓いも赤

赤い紐はお守り。お守りを持ってみんなそれぞれ旅立ってく。

プティと葛葉がそれぞれ誘ったメンバーに渡していく感じ。

プティはリボンに、葛葉は巻き付ける感じ。

 

はざのさん、めっちゃ細かく絵をパーツ分けをしてくれた、

髪の揺れとか神。

 

 

 

ボーカル音源の提出順に再生してたら、ふわっちがみんなでメインの所をハモリ歌うw(しかもめっちゃ元気。)

ふわっち何故か元キー(ふわっちは女の子)

 

血の誓い組はアルスとふわっちが元キーに、結果的には良いバランスが出来た。

三枝&あまみゃでハモリ。

 

血の誓いはあっきーなのハモリが多くて、チュの誓いはあまみゃがハモリ多い

血の誓いはめっちゃ元気。チュの誓いは女の子の優しさ

 

ラスサビはバックコーラスであまみゃ(巻き付けた紐をイメージ)

スクショを振り返っていく、エモい

 

ラスサビ前

 

アベレーションと被ってしまうけどタイトル名的にどうしても8月中に投稿したかったとい思いが。。。

 

たった1個のゲームからこんなに濃厚でアツいストーリーが生まれた

 

ふわっちとアッキーナによるエモ

ふわっちによるエモ配信

ふわっちはサマータイムレコードの投稿があった、その日にこんなツイートを。

パソコンのペイントを使ってAXFの家旅を描くという配信の告知ツイートでした。

 

深夜の12時半から約5時間かけて全員を描いたのですが、スピードも凄いですが、絵のセンスも凄かった….

流石、天才ホスト。

 

どんな絵ができたのかは知ってる方も多いと思いますが、良かったらふわっちの配信アーカイブをご覧ください

 

アッキーナによるエモ小話

アッキーナはFall Guysの配信中にサマータイムレコードの制作裏話を話してくれました。

配信のアーカイブを見たい方はどうぞ~(コメント欄見ればどこから裏話か分かる)

サマータイムレコードが投稿される数日前に完成して、動画師さんが限定公開していたそうです。

そのURLを知っているのはAXFの8人だけ。

1回見ただけで飽き足らなかったアッキーナが翌日にまた見たら再生数が「23回」に!

 

※YouTubeの仕組み的に再生回数は、1日で同じ人が何回もカウントされることがありません。

つまり、みんな毎日見まくってるってこと。

心があったまる~。

 

 

スポンサーリンク
いずよし

偏差値68の高校に通う16歳、一般オタク(エンジョイ勢)やってます!コアな視点でアニメゲーム実況小説など好きなことを書く「たいぶろ」を運営してます!!(勉強系もあります!)

好きなアニメはCharlotte、好きなゲーム実況者はキヨ、好きな小説は君は月夜に光り輝く…ほかにもたくさん記事にしているのでぜひ読んでみてください!

いずよしをフォローする
VTuber
いずよしをフォローする
たいぶろ
タイトルとURLをコピーしました