【にじさんじArk】「サマータイムレコード」の歌詞がAllexceedFamiliaに重なる。【AXF】

この記事は約5分で読めます。

投稿前の予告からエモい

 

この動画よ。

 

唐突にタイムラインに現れて、もうホントに驚きました。

あのAXFが! しかもサマレコ!!

 

AXFとサマータイムレコードの歌詞が一致することは、前から結構話題になっていました。

当時、投稿されたファン作品の1つにサマータイムレコードを使ったものがあって「めっちゃ良い!」とファンの間で人気になったものです。

いずよし
いずよし

正直、絶対にエモいだろうなぁと確信してました。

 

 

動画の中身もエモい

もちろん内容のエモポイントも解説していきます!

 

「サマータイムレコード」の歌詞とAXFの活動が奇跡と言えるほどにピッタリなんですよね。

その解釈とか、ここもエモいなぁって思ったところを書いています。

 

さらに、この動画はそれだけでなく映像も素晴らしいです。

そちらの方の解釈も書いてみました。

 

これを見て新たな気づきがあったら幸いです。

もし、ここに書かれてないけど、他にもエモポイントがあったら僕のTwitterにリプでもくれたら、ありがたいです。

 

 

歌詞やパート分けとAXFのマッチしてる所

ラトナ・プティ
ラトナ・プティ

昨日も今日も晴天で 入道雲を見ていた
怠いくらいの快晴だ 徐に目を閉じて

始まりはお頭のラトナ・プティ

彼女が葛葉を誘わなければAXFは生まれなかったことでしょう。

 

AXFでの戦争の日々はまるで

そう考えると「怠いくらいの快晴」はAXF解散後の日々を表しているのでしょうか

「徐に目を閉じた」は思い出を振り返っているんじゃないでしょうか

AXFで活動していたあの時を思い出すところから、この歌は始まります。

 

葛葉
葛葉

「それ」はどうも簡単に 思い出せやしない様で
年を取った現状に 浸ってたんだよ

そういえば葛葉はArk頂上決定戦の次の世界「ラグナロク」ではAXFの記憶は封印されたかのようにしていましたね。

 

 

また、葛葉は吸血鬼。

長寿な彼が「年をとった現状に浸る」ということは相当時が経っているのかも。

AXFでの日々はそんな時に出てくる思い出という解釈、どうです?

 

2人ともいつものような元気な感じではなく、どこか懐かしんでいるような歌声をしています

2人がそれぞれAXFの思い出を振り返る感じがする始まりでエモいです。

 

 

不破湊
不破湊

大人ぶった作戦 不思議な合図立てて

「行こうか、今日も戦争だ」 立ち向かって 手を取った

葛葉が誘った初めてのファミリー、ふわっち。

 

AXFは最初のころ、他の2陣営に比べて全然力が足りませんでした。

他2陣営から見たら子供のような感じ、それでも追いつこうとしている様はまさに「大人ぶっていた」のではないでしょうか。

 

そしてAXF特有の「アレクシードファミリー↓アー↑」という掛け声

「行こうか、今日も戦争だ」と戦争のために毎日朝から晩まで作業を続けました。

 

 

三枝明那
三枝明那

理不尽なんて当然 独りぼっち 強いられて

迷った僕は 憂鬱になりそうになってさ

弱者は強者に喰われる。そんな理不尽が当然の世界。

そんな世界にずっと1人だったアッキーナにふわっち。

 

「みんなでやるArkってこんな楽しいんだ」と言っていたのが懐かしいですね。

 

不破湊
不破湊

背高草を分けて 滲む太陽睨んで

三枝明那
三枝明那

君はさ、こう言ったんだ

 

葛葉
葛葉

「孤独だったら、おいでよ」

1人でいるふわっちアッキーナに手を差し伸べる葛葉。

まさにAXF。

 

 

アルス・アルマル
アルス・アルマル

騒がしさがノックして 生まれた 感情さえも

男の子3人組に脅されるような形でAXFへ加入したアルス。

すぐにはしゃぐ3人に「うるせぇ!」と叫んでいたのが印象的です。

天宮こころ
天宮こころ

頭に浮かんでは萎んだ 「幻なのかな?」

普段歌わないあまみゃのソロ。

あまみゃのファンであればあるほど感動したんじゃないでしょうか。

AXFでなら歌っても良い、そう思ったのかもしれません。

 

そして「幻なのかな」の少し儚げな歌い方が絶妙です。

 

 

血の誓い組
血の誓い組

秘密基地に集まって 「楽しいね」って単純な あの頃を思い出して 話をしよう

 

チュの誓い組
チュの誓い組

飛行機雲飛んで行って 「眩しいね」って泣いていた 君はどんな顔だっけ

サビは4人ずつで歌っています。

4人の分け方は「血の誓い」と「チュの誓い

この分け方エモいなぁ

 

血の誓い組が歌ってるところは特にAXFに重なります。

AXFの拠点に集まって、ひたすらに作業。

その作業の原動力はやっぱり「楽しい」だったんじゃないでしょうか。

 

AXF解散後、それぞれの配信でもちょくちょくAXFの思い出話をしていました。

 

ラトナ・プティ
ラトナ・プティ

なぜだろう、思い出せないな

 

スポンサーリンク
いずよし

地方国立大学に通う18歳
「コアな視点で趣味を語る」というテーマで
「YouTuber/VTuber/ゲーム実況者/アニメ/ゲーム/ライトノベル/小説」
と多くの記事を書いています!
他にも大学生ならではの記事を多数書いていますので、気になるジャンルをチェックしてみてください!!

いずよしをフォローする
VTuber
他の人に紹介できる
たいぶろ
タイトルとURLをコピーしました