道明寺ここあ活動休止。感謝と別れを伝えたい、もちろん応援も。「ありがとう。またね。」

VTuber
この記事は約7分で読めます。

道明寺ここあがYouTubeを活動休止


力強い歌声と圧倒的な歌唱力が持ち前のVTuber、道明寺ここあさんがYouTubeでの活動を休止するという報告の動画が上がりました。

今回の記事はそれについて、一人のファンとしての「感謝」と「さよなら」を伝えたいという想いから書いています。

そういう意味ではただの自己満足と思われる方もいるかもしれませんが、わたしと同じように考えている方もいると思うので、そういった方に見てほしいです。


 

僕のここあちゃんとの出会い

ここあちゃんが一番最初にYouTubeに投稿した動画は【歌ってみた】でした。

(実は一度この動画は再投稿されているので、今見ると一番古い動画は別のものです)

その曲は「Rising Hope」

ここあちゃんの一番好きで尊敬している歌手の「LiSA」さんが歌っていて、アニメ「魔法科高校の劣等生」のオープニングの曲でした。

 

わたしがこの動画を発見したころ、丁度「劣等生」にハマっており、同時にOPであるこの曲も大好きでした。

なので、歌っている動画をたくさん見ました。

そして、この曲のリズムを聞きなれて、「歌いたい」と思いました。

しかし、どの動画のコメント欄にも歌詞を書いてくれている人はいませんでした。

そんな中で見つけたのがこの動画で、コメント欄を少しスクロールしてたら歌詞があったので、よく見るようになったんです。

つまり、当時はここあちゃんが好きで見てたのではなく、歌が好きで見てたのです。

 

ですが、だんだんとここあちゃんの歌声に魅了されるようになりました。

歌うことのできる音域が非常に広く、歌の表現力や力強さも抜群。

そして、映像がカッコいい。

よく考えてみれば惹かれないはずがないんですね。

そうしていつしかわたしは「ここあちゃんが歌う」動画を見るようになりました。

 

しかし、このころわたしはゲーム部も見ておらず、ここあちゃんの歌以外の動画も見ていませんでした。

要はゲーム部関係のことは全く知らず、ただのカッコいい歌い手(ちなみにVTuberっていうワードも知りませんでした)だと思っていました。

 

そして、少し時がたち、ゲーム部の方々に出会います。

それからずっとゲーム部の過去の動画を見て「道明寺ここあ」という存在を知りました。

どうやらその方はハルカスの妹で自分のチャンネルに歌ってみたを投稿しているらしい。

それを知ったわたしはそのチャンネルを見に行き、再生数ランキングの中の知っている曲を聞きました。

当時は純粋に「レベルたけぇー!」って思いましたね。

まさかあの「Rising Hope」の方だったとは…

 

あとから気づきました。

正直ガチで「運命だ!!」と感じました。

だってそうあることじゃないですよ。

全く関係なく見ていて好きになった2つが実は超密接な関係だったなんて。

 

ここあちゃんへの感謝

ここあちゃんの動画はほぼ全て見ています。

一度ハマると、何よりも優先してしまうタイプなので。

僕がここあちゃんの動画を見るようになったのは、約半年前です。

それから、いつも動画が上がるたびにすぐ見に行きました。

ここあちゃんのおかげで知らなかった歌をたくさん知ることができました。

ただ、ここあちゃんのアレンジを聞きまくったおかげで、カラオケで超うたいづらいっていうのがありましたけど…ww

 

いつも、ゲーム部の方々と仲良く、しかし1つ下の年というのが、見ていて微笑ましかったです。

家でのお兄ちゃんとの会話とか、歌うときとのギャップ萌えが最高でした。

途中から、朝倉日向ちゃんや、柊彩香ちゃんが出てくるようになり、また違ったここあちゃんが見れたのは嬉しかったです。

 

 

僕は「道明寺ここあ」という存在を信じていました。

少しそれが揺らぐ事件もあったけど。

あくまで、一つの作品である、という想いで見ていたのではないんです。

 

だからこそ、あの時と違ってしっかりとお別れ(別の場所でえ会えるけど)ができて良かった。

Twitterでチラッと「またね」というここあちゃんのツイートを見て、少し驚きました。

でも、テッテレーのパターンだろうなぁと思って見てみると、過去の動画のダイジェスト動画みたいで、少し戸惑いました。

最後の「またね!!」って言うのが、極め付きでしたね。

コメント欄を見ると「どうやらガチらしい」と思いました。

 

ここあちゃんのチャンネルへ行くと、とある生放送のアーカイブが。

「重大発表」となっていたので見ると、まずは「Rising Hope」を歌っていました。

生放送なのに、映像が切り替わっていたり、動きがなめらかですごいと思いました。

そして一曲目を歌い終わり、発表がありました。

どうやら、アーティストとしての活動をメインにするようだ。

つまり、「道明寺ここあ」がYouTubeに新しく出ることはなくなるということですね。

 

 

お風呂で見ていたので、我慢する必要もなく、泣きました。(実は「またね!!」のところですでに泣いてました)

 

正直に言うと、ゲーム部の声優さんの交代の際、お別れをしなかったことで大炎上したから運営がそうならないように、この動画を出したんじゃないのか。

そう思うところがありました。

ただここあちゃんの様子を見ていると、そう思いたくなくなりました。

だからそう思うことを止めました。

 

ここあちゃんとは純粋なお別れであり、アーティストとしての活動を応援したい、そう思うことにしました。

でもやっぱり、お別れはさみしいです。悲しいです。

もう会えないのかって思うと、やっぱり涙が止まらない

 

けれど、それで立ち止まるわけにはいきません。

せっかくここあちゃんがちゃんと僕たちに向けて別れの場を作ってくれた。

ならばそれに応えるべきだと僕は思います。

だから、僕はこの場で言います。

 

道明寺ここあさん、本当にありがとうございました。

 

感謝の想いを伝えて。

 

長ったらしい感謝より、伝えたい感謝の気持ちを言いました。

もしかしたらこれを読んでいる人の中には、「所詮記事で書いているだけ、本当はそんなこと思ってないだろ」という方がいるかもしれません。

でも僕は、本当にここあちゃんが好きだったんです。オタクっていうのはそういう生き物なんです。

リアルには存在しなくても、存在を信じている。

だから、お別れは本当につらいことなんです。

だから僕はいつも、こういう記事を書くときは考えずに書いています。

ただひたすらに思ったことを、1人のファンとして、相手への想いをつづっているんです。

 

もしかしたら、この記事はとても変な文章でへたくそな言葉になってしまっているかもしれません。

それでも、僕はこの記事をこのまま残します。

本当はちゃんとした文に直すべきだと分かっていますが、それではその時の想いが消えてしまうから。

 

 

これからのここあちゃんに

Twitterで最初のほうに最初の動画(アニメ)をと最後の動画のサムネイルを比較したものがありました。

 

(最初の動画「【アニメ】兄がYoutuberになりました。」)

©2018ここあMusic

 

(最後の動画「感謝をこめて」)

©2019ここあMusic

良い笑顔ですよね。

であれば僕たちも笑顔で送り出すべきだと思いました。

 

ここあちゃんのこれからのアーティストとしての活動、もちろん知っていました。

そりゃあ好きな人のことは調べてしまうものですから。

ここあちゃんの歌唱力はすごいから、バレてしまうんです。

 

応援する場所が変わるだけですよ。

応援することに変わりはない。

 

ただ、いつか少しだけでいいから、こっちに戻ってきてくれたら嬉しいです。

VTuberの「道明寺ここあ」さんのこともアーティストとしての「道明寺ここあ」さんのことも大好きなので。

 

それでは、またいつか。

fin

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました